快適なパジャマ選び【決めかねるベビー服の選び方】

コンテンツ一覧

デリケートな肌対策

衣類

多目に用意しましょう

生まれたばかりの新生児を赤ちゃんと呼ぶのは、文字通りこの世に出た時には皮膚が赤いことから呼ばれるようになりました。しかしこの皮膚の赤さは血行の良い証しなので、健康な身体に生まれたということになるのです。だからといって新生児の皮膚は、成人した大人に比較するととてもデリケートなので直接肌に接触する素材は気をつける必要があります。とはいえ生まれたばかりの新生児の一日は、授乳と睡眠の繰り返しで着替えをいつしたものか、寝る時にはパジャマは必要かなど悩むこともあるのです。デリケートな皮膚を持ちながらも、大人と比較して汗をかく量が多い新生児は放っておくと汗疹や他の皮膚病を発症してしまうことがあります。汗をかいたら放っておかずに、肌あたりのよいガーゼタオルで優しくふいてからパジャマに着替えさせると二度手間を省けるのでおすすめです。しっかりした胃腸が出来上がっていない新生児は、授乳中にも吐き出してしまうことはよくあります。基本的に新生児の期間には、大量のパジャマが必要になると想定し事前に用意しておくとよいでしょう。パジャマの素材には化学繊維はさけて、綿や麻といった通気性と速乾性のよい品を選ぶことです。また新生児用のパジャマは、ロンパースタイプとセパレートタイプに分かれますが両方を用意しておくと目的にあわせて着せられます。上下が一体になっているロンパースタイプはオムツ交換時には便利ですし、上下が分かれているセパレートタイプは汚れた方だけを替えられるからです。

人気記事

衣類

大荷物も楽々購入

赤ちゃん用品の買い出しは大変です。お母さん一人での買い物が大変と感じたら、通販サイトを利用すると便利です。通販を利用する時は、赤ちゃん専門店を選ぶと、色々な情報が手に入って便利です。商品への口コミが豊富で、育児の豆知識も載せているので、とても参考になります。

赤ちゃん

気温に合わせて選ぼう

赤ちゃんのパジャマを選ぶときは、デザインだけではなく素材にもこだわってみてください。眠っている時間の多い赤ちゃんであれば、ボタンが前についているものを選ぶと着替えがラクなので人気です。綿やガーゼなど肌に優しく汗を吸収してくれるものがオススメですが、きちんと洗濯をして清潔にしましょう。